不動産投資をする時は返済比率が重要 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする時は返済比率が重要

不動産投資をする時は返済比率が重要です。

不動産投資を始める時は、多くの人は金融機関から融資を受けます。

世の中には、いろいろな不動産投資に関する情報がありますが、
フルローンが危ないという人もいます。

しかし、そのような事は決してなく、フルローンであっても
返済比率さえ低ければ、危険ではないです。

このような事を理解していれば、どれだけ借金を増やしても
安定をして不動産投資をする事ができます。

では、具体的に不動産投資物件を購入する時の返済比率は
どのぐらいが良いかですが、家賃収入に対して
40%以下であれば、十分といっていいでしょう。

毎月家賃100万円の収益物件を購入をした場合は、
借金の返済金が毎月40万円以下である事です。

この水準をクリアすれば、どれだけ収益物件を買い進めても
借金が返せなくなる事がほとんど無いです。

そして、借金を返した後のキャッシュフローも
十分に手元に残ります。

このような基準を持って不動産投資をすれは、
破綻をする事は、まず、ないはずです。

逆に言えば、この基準以上の返済比率であれば、
借金を返せなくなって、破綻をする可能性が高くなります。

このような現実を理解しておくと
不動産投資を始めても失敗しません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資をする時は返済比率が重要