不動産投資をする時は、自分の労働力を投入しない事 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする時は、自分の労働力を投入しない事

不動産投資をする時は、自分の労働力を投入しない事です。

不動産投資というのは、投資です。

まずは、この事を理解しておくことが必要です。

投資をするうえで、自分が働く事を前提にして投資をしてはいけません。

そのような事をすれば、ただの労働をする事になるからです。

投資をする事は、自分の非常に少ない労働によってお金を稼ぐ事です。

このような事を理解しておくことが必要です。

ただ、これが理解できていない人が非常に多いです。

特に、不動産投資をして自主管理をしている人は、
単純に労働量を増やすだけです。

自分の労働量を増やしてお金を稼いでも
本当の意味での不労所得を手に入れることができません。

しかし、世の中の不動産投資をしている人で
そのような事が分かっていない人が多いです。

自分が所有をする収益物件を管理会社に管理委託をする場合は、
手数料として3.5~5%ぐらいのお金が必要です。

ただ、その程度の金額は全体の家賃収入を考えれば、
微々たるものです。

この微々たる管理手数料をケチる人が多いのです。

これでは不動産投資をした意味が無くなります。

不動産投資とは、不労所得を手にするために行うのであって、
自分が労働力を投入すれば、ただの苦労所得となります。

このような事を理解していなければ、
投資をしている意味が無いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資をする時は、自分の労働力を投入しない事