感情に流されていると不動産投資に失敗する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

感情に流されていると不動産投資に失敗する

感情に流されていると不動産投資失敗するのです。

感情に流されることは、投資をしていると良くありえる事です。

そして、そのような人はほとんど儲けることができません。

なぜかと言いますと、自分の利益を論理的に理解できていないからです。

例えば、利回り25%のアパートを1億円で売りに出している
不動産会社があったとします。

このアパートを購入するだけで家賃収入が年間2500万円になります。

しかし、1億円のアパートを購入するには、
世の中のほとんどの人は借金をする必要があります。

この借金をするのに怖がっているようでは、
年収2500万円のアパートを手に入れることができません。

ただ、世の中の多くの人は、1億円も借金をする事に
ビックリするほどの恐怖心を感じます。

そして、ほとんどの人が恐怖心という感情に流されて
1億円の借金をしないのです。

結局、なんだかんだ理由をつけて、
利回り25%の1億円のアパートを購入しないのです。

これでは、不動産投資ができませんし、
失敗をしているといっても言いでしょう。

逆に、これとは全く違うケースで感情に流されることがあります。

それは利回り6%で1億円のアパートを購入する事です。

これだけの低利回りの収益物件をフルローンで購入をしますと
99%破綻をします。

しかし、バブル状態であれば、このような人が多くいるのです。

金融緩和によって、金融機関の融資がユルイ時は、
このぐらいの利回りでも平気で融資を受けることができるのです。

利回り6%の収益物件をフルローンで購入をしますと、
数年後には借金が返せなくなります。

このような判断ができないのは、採算が取れない物件であると
判断できずに感情に流されているからです。

感情に流されると不動産投資に失敗をするのです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 感情に流されていると不動産投資に失敗する