持ち家は住宅ローンで購入している限り銀行の資産 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



持ち家は住宅ローンで購入している限り銀行の資産

持ち家住宅ローンで購入している限り銀行の資産です。

このような事を理解していないとサラリーマンをリタイアできません。

「持ち家は資産である」

このような言葉は、不動産会社ではよく聞かれます。

しかし、ハッキリ言いますが、これは不動産会社のセールストークです。

持ち家は住宅ローンで購入する限り、銀行の資産です。

これが現実であることを知っておくことが必要です。

なぜなら、持ち家を住宅ローンで購入をしている限り
抵当権が付いているからです。

もし、住宅ローンの返済が滞ったら、すぐに競売に掛けられて
売却されます。

そして、売却した金額が住宅ローンの残債より少なかった場合は、
銀行に対して借金が残ります。

このような事を考えれば、持ち家は現金で購入しない限り
住宅ローンの支払いが終わるまで、銀行の資産です。

このような事は銀行も分かっています。

そのため、銀行も「持ち家は資産」といいます。

しかし、誰の資産であるかは言いません。

銀行から見て、持ち家は住宅ローンの支払いが終わらない限り
「銀行の資産」なのです。

このため、住宅ローンというのは、
自分の収入からお金を減らすだけの負債なのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 持ち家は住宅ローンで購入している限り銀行の資産