アパートの大家になるには、自宅を購入をするのは後回し | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、自宅を購入をするのは後回し

アパート大家になるには、自宅を購入をするのは後回しにする事です。


現在、住宅ローンを組んで自宅を購入をしている人は、
この話は対象外です。

現在、実家暮らしであったり、賃貸住宅に住んでいる人は、
自宅を購入をするより、先にアパートやマンションなどの
収益物件を購入するべきです。

これは、理由が簡単です。

まず、住宅ローンを借りていると、住宅ローンを借りていない人より、
収益物件を購入をする時に金融機関が融資をしてくれる可能性が多少落ちます。
(属性・自己資金などによって条件は違います。)

これは、いろいろな金融機関がありますので、
一概には言えないのですが、一般的な傾向です。

そのため、住宅ローンを借りていない人は、
収益物件を購入をする時に、金融機関が融資をしてくれる
可能性が高くなります。
(属性・自己資金などによって条件は違います。)

このため、収益物件を購入をして、給料以外の収入を確保してから、
自宅を購入しても遅くは無いのです。

収益物件を購入する時のローンと自宅を購入する時の住宅ローンは、
同じ不動産を購入するローンであっても、内容が違うのです。

住宅ローンを借りた後に、不動産投資ローンを借りることは、
条件面では不利になる時がありますが、
不動産投資ローンを借りた後に、住宅ローンを借りることは
条件面で不利とならないのです。

この事を知っているだけで、自分の考え方が全く違ってきます。

まず、不動産投資を始めて、資産と収入源を増やして、
ある程度アパートの大家業の規模が大きくなってから、
自宅を購入をするのが、大家の鉄則です。

ただ、もう自宅を住宅ローンを購入した人でも、
十分、不動産投資ローンを借りることができるので、
悲観をすることはありません。

あくまでも、金融機関が最初に受ける印象の違いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、自宅を購入をするのは後回し