人生80年の間に、必ず一度の恐慌と2回の大きな不景気を経験する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



人生80年の間に、必ず一度の恐慌と2回の大きな不景気を経験する

人生80年の間に、必ず一度の恐慌と2回の大きな不景気を経験するのです。

これは統計学的に立証されています。

1920年代の恐慌から、約80年後にはリーマンショックという
100年に一度と言われる恐慌寸前の出来事がありました。

だいたい80年位一度ぐらいの感覚で恐慌は訪れています。

そして、大きな不景気も40年に一度ぐらいの確率で
経験をします。

最近では2000年前半の日本での金融危機がありました。

この時代は、銀行などが破綻をして、
非常に景気が悪かったです。

このように一般的な人間の寿命の中で
一回は恐慌を経験をして、2回は大きな不景気を経験をするのです。

ですから、そのような時に自分がどのように行動をするかで、
自分の人生が大きく変わってきます。

恐慌の時は、株式市場や不動産市場が暴落をします。

一般的な投資家は、自分が持っている資産を投げ売りするのです。

そのため、非常に安く資産を購入する事ができます。

これをチャンスとして恐慌の時に投資をできる人が
お金持ちになれる人です。

特に、サラリーマンをリタイアしたい人は、
恐慌の時や大きな不景気の時は、
不動産投資をする絶好のタイミングであると
考えるべきです。

景気が悪いほど、非常に割安で投資ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 人生80年の間に、必ず一度の恐慌と2回の大きな不景気を経験する