悪い損失しか知らない人は、損をするのが嫌になり、不動産投資に失敗する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



悪い損失しか知らない人は、損をするのが嫌になり、不動産投資に失敗する

悪い損失しか知らない人は、をするのが嫌になり、不動産投資に失敗するのです。

悪い損失というのは、自分の収入から
お金を減らすだけの価値しかない損失です。

このような損失が多い人は、
極端にお金を使う事を嫌がります。

そのため、必要な事にお金を使う事が少なくなります。

ただ、それでは投資や事業の世界では失敗をするだけです。

なぜかと言いますと、お金を稼ぐには、
それだけお金を使う事が必要であるからです。

そして、無意味な事にお金を使うのではなく、
ちゃんとした生きたお金を使う必要があります。

生きたお金を使う事で自分の収入が増えたり、
自分の資産が増えたりするのです。

そのため、生きたお金を使う事すら
ためらっているようでは、不動産投資に失敗をします。

簡単に言えば、何でもお金を使わずに済まそうとしている
ケチな人間は誰からも相手にされずに
大きな損をするのです。

このような事を悪い損失しか知らない人は理解できません。

ですから、損をする事はすべて悪いことであると思っているのです。

そのような考えを変えることで、自分が損をする事は
悪いことではないことを自覚できるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 悪い損失しか知らない人は、損をするのが嫌になり、不動産投資に失敗する