悪い負債しか知らない人は、負債をすぐに返して、不動産投資に失敗する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

悪い負債しか知らない人は、負債をすぐに返して、不動産投資に失敗する

悪い負債しか知らない人は、負債をすぐに返して、不動産投資に失敗するのです。

借金をすれば、すぐに借金を返さないといけないと考える人がいます。

しかし、不動産投資をするために、借金をする時は
そのような事をするのは禁物です。

なぜなら、不動産投資による借金は、悪い負債でなく
良い負債であるからです。

そのような事が言えるのは、負債以上に収入が発生をするからです。

このような事を理解していることが、不動産投資に成功をする秘訣です。

一般的に不動産投資の負債は、家賃収入の40%以下が安全圏です。

家賃が月に100万円であれば、借金の返済金が40万円以下であれば、
十分に良い負債です。

これが、借金の返済金が60万円や70万円であれば、
悪い負債となります。

そのぐらい収入に対して、返済金の支払い比率が大きくなりますと、
非常にリスクが高くなります。

何か、購入をした収益物件で大きな出費があった時には
家賃収入だけでは支払う事ができずに、
自分の給料から持ち出しとなる可能性が高いです。

このぐらいの返済率で借金を続けていると、
いずれ借金を支払う事ができなくなり、
破綻をします。

ですから、負債を抱える時は、
自分でコントロールをする必要があります。

負債というのは、コントロールをする事で
リスクを大きく減らすことができるのです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 悪い負債しか知らない人は、負債をすぐに返して、不動産投資に失敗する