良い損失と悪い損失が分かれば不動産投資に成功する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



良い損失と悪い損失が分かれば不動産投資に成功する

良い損失悪い損失が分かれば不動産投資に成功するのです。

良い損失というのは、自分の収入や資産を増やしたりする損失です。

悪い損失というのは、自分の収入や資産を増やさない損失です。

良い損失というのは、不動産投資をしていて、
入居者を募集をして、不動産賃貸仲介会社の営業の方が
新しい入居者を決めてくれた時に、個人的に渡す謝礼がそうです。

また、管理会社や不動産賃貸仲介会社に差し入れを入れたり
交流会と称して飲み会を開いたするお金は良い損失です。

このような事にお金を使う事は、廻りまわって
自分の収入に帰ってくる損失です。

それに比べて、悪い損失というのは、無意味な事に使うお金です。

会社の同僚と飲みに行って、会社の愚痴を言ったり
上司の愚痴を言ったりするお金というのは、悪い損失です。

そのような事にお金を使っても、自分の収入は1円たりとも増えません。

また、ギャンブルなどにお金を使う事も悪い損失です。

ギャンブルをして勝てる人は、世の中ほとんどいません。

ですから、そのような事にお金を使って、
自分の貯金を減らすようなことは、悪い損失です。

このような事が理解できるようになれば、不動産投資に成功できます。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 良い損失と悪い損失が分かれば不動産投資に成功する