アパートの大家になるには、新築ワンルームマンションは購入をしない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、新築ワンルームマンションは購入をしない

アパートの大家になるには、新築ワンルームマンションは購入をしない事です。


これは一番失敗をするケースです。

よく雑誌やホームページなどで、新築ワンルームマンションによる
資産運用の方法が紹介されています。

多くの紹介をする方法として、
「将来の年金になる」
「給料以外の副収入に」
などというのがうたい文句でセミナーなどを
積極的に開催をしています。

しかし、不動産投資をするうえで、
新築ワンルームマンションを購入する事は、
一番の失敗です。

これは、ハッキリと断言できます。

なぜかと言いますと、マンションというのは
新築から築15年ほどは、物件の価値が下がっていく一方です。

このため、新築のワンルームマンションをローンを組んで、
購入をしますと大変な事になります。

2500万円や3000万円の新築ワンルームのマンションを
購入をして、築20年も経てば、価値は20%以下です。

ローンを30年以上組んで、それで新築ワンルームのマンションの価値が
非常に下がれば、購入をする意味が無いです。

それだけでなく、新築のワンルームのマンションは利回りが低いのです。

利回り5~7%ぐらいで販売されているのが一般的ですが、
それでは、ほとんど手元に残るお金は無いです。

逆に家賃からローンを支払って、赤字になることがあるのです。

この赤字になることで、所得税の還付ができるのですが、
それを新築のワンルームマンションを販売している不動産会社は、
「節税になる」などとデタラメな事を言って販売をするのです。

不動産投資をするうえで、減価償却の金額が高くて
赤字であれば、実際の収支は黒字であることがほとんどです。

しかし、家賃の収入からローンの返済金を支払って
それで赤字であれば、不動産投資をしている意味が無いです。

さらに、新築のワンルームのマンションというのは、
毎月、修繕費や管理費が掛かります。

このため、ものすごくコストが掛かって、まったく儲からないのが
新築のワンルームのマンションを購入して不動産投資をする事です。

ただ、多くの人がこのからくりに気づいていないのです。

そのため、無料の不動産会社が行っている
新築のワンルームのマンションのセミナーに出席をして、
不動産会社のカモになっている人が多いのです。

給料以外にしっかりした不動産投資をして収入を得るのであれば、
絶対に新築のワンルームのマンションを購入してはいけません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、新築ワンルームマンションは購入をしない