収益物件は、ハザードマップを役所からもらって立地を確認する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件は、ハザードマップを役所からもらって立地を確認する

収益物件は、ハザードマップを役所からもらって立地を確認する事です。


不動産投資物件を探している時は、いろいろな立地条件を調べる必要があります。

その時に、ハザードマップが手元にあると非常に便利です。

ハザードマップは、各地方自治体内にある河川が氾濫をしたときの
浸水予測の状態が掲載をされていたり、土砂災害が発生をしやすい場所が
掲載をされていたり、地震によって津波が来た時の浸水予測などが
掲載をされています。

そして、このハザードマップは多くの地方自治体のホームページで
公開をされているので、インターネットで検索をして確認をすると良いです。

検索をする時は、「地方自治体名 ハザードマップ」で検索できます。

ただ、地方自治体によっては、ホームページで公開をしていない場合があります。

そのような時は、各地方自治体の役所に問い合わせをして、
郵送でハザードマップを送ってもらうと良いです。

ハザードマップを見ていますと、過去の集中豪雨で実際に浸水をした
地域が掲載をされたりしています。

このような情報は非常に貴重です。

一見、問題がなさそうな地域であっても、土地が低い場所があり
今まで浸水を何回もしている地域が分かったりもします。

このような情報は無料で手にすることができるので、
大いに活用をするべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件は、ハザードマップを役所からもらって立地を確認する