都会の収益物件は、基本的に入居率が高い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



都会の収益物件は、基本的に入居率が高い

都会収益物件は、基本的に入居率が高いです。


不動産投資物件は、都会の物件が人気があります。

その一番の理由は、入居率が安定をしているからです。

都会では、人口が多いため変な立地条件でなければ、
空室が発生をしてもすぐに部屋が埋まります。

このような事は、地方では難しいことが多いです。

そのため、収益物件を購入をしても、長い期間、
満室経営ができる事が多いです。

このため、不動産投資ローンを使って収益物件を購入しても、
収入が安定をしているので、ローンの返済が楽な面があります。

以上の事から、まず、安定を重視をする人が
都会の収益物件を購入をする人が多いです。

都会の収益物件は、ビックリするほど空室が発生しても、
すぐに次の入居者が決まります。

退去があってから、1ヶ月以内に次の入居者が決まることは
普通です。

一般的に賃貸物件の需要は、繁忙期というものが
1~4月、10月前後です。

ただ、都会の場合は繁忙期でない時であっても、
常に賃貸住宅に入居を希望する人が多いため、
空室があればすぐに入居が決まります。

多少部屋の日当たりが悪いとか、駅から遠いとか、
そのような立地条件であっても、都会では入居率が高いです。

これは、都会が地方から多くの人が集まってくる構造であるからです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 都会の収益物件は、基本的に入居率が高い