ワンルームの収益物件は、入居者の入れ替わりが多い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



ワンルームの収益物件は、入居者の入れ替わりが多い

ワンルーム収益物件は、入居者の入れ替わりが多いです。


不動産投資物件には、ワンルームの物件とファミリー物件があります。

各物件とも特色があります。

ワンルームの物件は、入居者の入れ替わりが多いです。

私は、ワンルームのアパートを2棟持っていますが、
一年間に数回、入居者の退去があります。

一棟は、12部屋あるアパートですが、一年間で3回程度退去があります。

もう一棟は、14部屋あるアパートですが、一年間で4回程度退去があります。

その分、クリーニング代や設備費などは、ワンルームの部屋の間取りの場合は、
室内が狭いですし、住む人数も1人であるので安いです。

ワンルームの場合は、法人契約も多いため入居者の契約期間は、
短いときは短いです。

法人契約ですと、転勤や社員が会社を辞めますと、
ワンルームの部屋の契約が解除となります。

このため、法人契約は会社の都合で契約期間が
決まることを知っておくと良いです。

個人契約の場合は、入居期間が短い人は短いですし、
長い人は長いです。

私のアパートでは、最長25年、入居をしている人がいます。

築25年のアパートですが、新築の時から入居をしていただいています。

ただ、このような長い入居期間は例外であって、
一般的なワンルームの入居期間は、1年~4年ぐらいです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » ワンルームの収益物件は、入居者の入れ替わりが多い