池の近くの収益物件は、購入をしない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



池の近くの収益物件は、購入をしない

池の近く収益物件は、購入をしない事です。


不動産投資物件を探していますと、いろいろな立地条件の物件が見つかります。

その中で、池の近くにある収益物件がたまにあります。

このような収益物件は、要注意です。

なぜかと言いますと、まず、池の周辺というのは
地盤が弱いことが多いです。

このため、長年建っている建物が
不同沈下を起こしていることはよくあります。

そのような事を調べるために、池の近くに気になった収益物件がる時は、
物件を見に行くときに、周辺の建物をよく観察してみると良いです。

そうしますと、周辺の建物の基礎のコンクリートの部分に
大きなヒビが入っていることがあります。

このようなヒビが周辺の建物の多くに入っているのであれば、
そのあたりの地域は地盤が弱いのです。

このような事は頭の中に入れておくべきです。

そして、自分が気になっている収益物件もよく調べることです。

一般的には、基礎のコンクリートの部分に
大きなヒビが入っていることが多いです。

池の近くは、地盤が弱いことが多いですが、
これ以外にも悪臭が池から漂うことがあります。

特に、夏の季節は池の水がよどんで藻がたくさん生えている
状態になっていることが多いです。

このような時は、悪臭が池から臭うことが多いです。

もし、悪臭が臭う場所の収益物件を購入しますと、
入居者が嫌がって、退去をする原因となります。

このような事から、池の近くの収益物件は
購入をしないほうが無難です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 池の近くの収益物件は、購入をしない