収益物件を調査する時は、基礎を見る | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を調査する時は、基礎を見る

収益物件調査する時は、基礎を見る事です。


不動産投資物件を探して、気になった物件を見つけて
実際に物件を現地まで見に行く事があります。

そのような時は、建物の状態をしっかりと確認をすることが必要です。

そのためには、一番重要な部分は基礎です。

この基礎がしっかりしてなければ、
どのような建物の悪い状態になります。

中には、建物が傾いている物件もあります。

そのような物件は絶対に購入をしてはいけません。

基礎を調べる方法は非常に簡単です。

基礎のコンクリートの部分に、大きなヒビが無いか目で確認をするのです。

それだけで良いです。

一般的に築15年以上経ちますと、コンクリートは
自然にヒビ割れは発生をしています。

このヒビ割れは、小さなものであれば、
ヘアークラックと呼ばれており、建物の構造上問題ないです。

ただ、メンテナンスは必要です。

メンテナンス料は、大した金額ではありませんので、
気にする必要が無いです。

肝心なのは、構造クラックです。

基礎のコンクリートの部分に、
0.5ミリ以上のヒビが入っている場合です。

これは、構造上問題があります。

このようなヒビ割れが入る原因は、いろいろありますが
不同沈下などの地盤が弱い原因で発生をする事があります。

そのため、構造クラックがある収益物件は、
購入をしてはいけません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を調査する時は、基礎を見る