中古の重量鉄骨の収益物件は、融資が付きやすい | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古の重量鉄骨の収益物件は、融資が付きやすい

中古の重量鉄骨収益物件は、融資が付きやすいです。


不動産投資物件を探していますと、いろいろな構造があります。

重量鉄骨造は、3階建て以上の鉄骨造の収益物件に多いです。

減価償却期間が34年であるため、
築15年ぐらいの中古の収益物件であれば、
融資が付きやすいです。

築20年ぐらいの物件であっても、
融資が付くことが多いです。

これは、重量鉄骨造は減価償却期間が長いからです。

建物自体もしっかりとしているものが多いため、
長い期間安定をして維持管理ができます。

建物を支えている鉄骨が太いため、
非常に耐久性があります。

また、修繕費などは、木造や軽量鉄骨と変わりません。

外壁や屋上防水をする時は、RC・SRCのような修繕費が掛かりません。

木造や軽量鉄骨と変わらない金額でできます。

重量鉄骨は、5階建てや7階建ても収益物件でもあります。

テナントや事務所などの店舗系ビルの構造として
使われていることが多いです。

RC・SRCに比べて、建設費が安いので重量鉄骨造は
多く使われています。

融資を借りる時に、積算価格が高い物件が有利な場合がありますが、
重量鉄骨造は積算価格が高いです。

ただ、建物の価格が高いですので、
建物の固定資産税の支払金額が高くなります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 中古の重量鉄骨の収益物件は、融資が付きやすい