ワンルームの収益物件の部屋の広さは、20㎡以上 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



ワンルームの収益物件の部屋の広さは、20㎡以上

ワンルーム収益物件部屋の広さは、20㎡以上は必要です。


不動産投資物件を購入をする時に、間取りがワンルームの場合は、
部屋の広さが狭い物件は、入居者希望者から敬遠をされがちです。

一般的には、ワンルームの場合は部屋の広さは20㎡以上であることが必要です。

ワンルームの場合は、部屋の広さはある程度広い方が良いです。

25㎡、30㎡と広ければ広いほど良いです。

しかし、広すぎるのも考え物です。

このあたりのバランスは、よく考えることが必要です。

部屋が広すぎると、エアコンが1つの部屋に
2つ必要な場合があります。

そうなりますと、夏や冬にエアコンを使って電気代が高くなるため
入居者が退去をする原因となる可能性があります。

このような事を考えれば、ワンルームの部屋の広さは、
20~30㎡ぐらいがベストです。

また、ワンルームの部屋であれば、
バスとトイレは必ず別の間取りにするべきです。

今の時代、3点ユニット(バス・洗面台・トイレが部屋の中で一緒)は、
人気がありません。

逆に、人気があるのが独立洗面台がある部屋です。

特に女性などには人気が高いです。

独立洗面台があると、朝の身支度は非常に便利であるからです。

ワンルームは、和室では入居者がほとんどいないと考えてよいでしょう。

現在では、ワンルームはフローリングが基本です。

もし、購入を検討をしている収益物件が、和室であればリフォームをして
フローリングに変えることが必要です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » ワンルームの収益物件の部屋の広さは、20㎡以上